スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

Comment: --

--

Picasaのデータベースファイルの場所など

Webアルバムじゃなくてアプリケーション版のPicasaの話です。

最近Picasaデータベースのご機嫌がよろしくなかったので、ちょっと覗いてみました。
データベースの保存場所など、備忘録ということでメモ。

WIndowsとMacでは若干フォルダ構造とかが異なります。いずれも隠しフォルダを表示する設定にしておきましょう

Windows XP の場合
[ローカル ディスク(C:)] > [Documents and Settings] > [<ユーザー名>] > [Local Settings] > [Application Data] > [Google]
にある
[Picasa2]
[Picasa2Albums]
のふたつのフォルダ。

Windows Vista / 7 の場合
[ローカル ディスク(C:)] > [ユーザー] > [<ユーザー名>] > [Application Data] > [Local] > [Google]
にある
[Picasa2]
[Picasa2Albums]
のふたつのフォルダ。

Macの場合
[<ユーザー名>] > [ライブラリ] > [Application Support] > [Google]
にある
[Picasa3]
フォルダです。

ざっと見た感じ、MacだとWindowsの2つのフォルダをまとめたようになっているようです。
これらのフォルダの中に、Picasaで作ったアルバム情報、編集情報、顔タグ情報などのデータベースファイルが収められています。

Contactsフォルダは読んで字のごとく、Picasaで顔タグを設定している人物の情報が入っています。
アルバムなどの情報はdb3フォルダにすべて収められているようです。 その中を覗くといろいろあるわけですが、拡張子がpmpとかdbとかになっているのは中身は簡単にはわからないです。少なくとも僕は分からないです。
starlist.txtとかscanlist.txtとかはテキストファイルなのでわかります。中身もそのまんま、スターをつけた画像のリストとPicasaでスキャンする対象フォルダのリスト。

PCを移行したりするときに、Picasaも設定を維持したまま移行したいときは、写真と一緒に[Picasa2]や[Picasa2Albums]などのフォルダをごっそり移せばうまくいくかもしれません。ただし、写真を保存するフォルダ構造とか変えちゃったらどうしようもないですが(笑)
Win→Macのときはフォルダ構造とかがかなりかわっちゃうんで、簡単には行かないかも。先ほどあげたstarlist.txtとかは中身の写真のパスをエディタとかで一括置き換えすればいい感じにいくかもしれないです。

逆に、データベースがおかしくなったなーとか感じるときはフォルダ、とくにdb3フォルダを消してPicasaを再起動すれば、再構築してくれます。もちろんいままでのアルバムデータとかは消えちゃうんで気をつけてください。

いずれにしても、何か作業を行うときはデータベースフォルダのバックアップを取ってからがよいかと。

GoogleのPicasaヘルプの完全にアンインストールするWindows 7 へのアップグレードなどの項も参考にしてみてください。

ちなみに今回僕は0からやりなおしました(笑)

IT関連の関連記事

Posted on 2013/04/07 Sun. 12:30 [edit]

category: IT関連

tag: Mac  Windows  写真  Picasa 

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。