Windows・Macでの共用HDDフォーマットに便利なexFATとAndroidとの注意点

タイトルなげえw

exFATはWindows/Mac間の共用領域に便利なんですが、それをAndroidにつないだらデータが吹っ飛びましたorz
その復旧までのお話。

便利なexFAT


WindowsとMacで外付けHDDなどを共用して使うときに悩むのがフォーマットの種類。
NTFSやFAT32などなど、いろいろありますが、どっちかの環境で読み取り専用だったり、ファイル上限サイズが4GBと小さかったりして使い勝手がよくありません。



そこでexFATの出番です。
最近ではライフハッカーさんも取り上げてましたね。
MacとWindowsで外付けHDDを共有するなら「exFAT」フォーマットが最強! : ライフハッカー[日本版]



まあいくらか欠点はあるものの、ファイル上限サイズも事実上無いようなもので、単にファイルを保存しておくだけなら全然問題ありません。
OSがLion以上のMacとWindows7とかなら余裕で使えます。



ライフハッカーさんではWindowsからフォーマット作業してますが、僕は確かMacでやった気がします。



「ディスクユーティリティ」→フォーマットしたいディスクを選択→右側の「消去」タブ→フォーマットを「exFAT」→右下の「消去」ボタン



でいけるかと。当然フォーマットしたら入っていたデータはなくなるのでご注意を。




Androidと接続するとデータが消える?


消えました。



このexFATフォーマットの外付けHDDを、試しにAndroidタブレットのAuroraに接続してみたところ、まず認識されない。
あーやっぱり読んでくれないかーって思ってたんですが、現実はもっと厳しかったです。



後日、その外付けHDDをMacに接続したところ・・・「読み取れません。フォーマットしてください」みたいなダイアログが。

( ゚д゚)

何度つなぎなおしてみても、Windowsにつないでみても、状況はかわらず。

( ゚д゚)

いや、大事なデータ入ってるんですけど。昨日書いた記事の録画データとかも全部入ってます。



実際のところAndroidにつないだのが直接的原因かどうかは上の記述だと確定じゃないですが、まあそうでしょうね。他に思い当たるフシもないし。
ぐぐってみても、どこかでそんな記述を見ました(どこかは忘れました)。



データ復旧


で、今回はなんとかデータを復旧することができました。
焦った・・・。
なのでそのやり方を。
Macでの操作です。



まずは「ディスクユーティリティ」。
データは消えても認識はされてるはずなので、問題のHDDを選択。
右側の「ディスクを検証」(下の画像で赤く丸をつけた部分です)。
その後「ディスクを修復」。
ディスクユーティリティで「復旧」



手順としてはこんな感じです。簡単ですね。
思い出しながら書いてるんで、「検証」のあたりはいらないかも。



ただ、あくまで僕の環境で今回できたというだけであり、いつでも復旧できるとは限りません。



あとで知ったのですが、なかにはexFATを認識するAndroid端末もあるようですね。
僕が今回試したのはAuroraっていう中華タブレットだったんで、それが悪かったのかもw
もう二度とつなぎません。
Galaxy S2では試してないですが、今回の件があるので試そうとは思わないです。
ってかそもそもGALAXYはUSBホスト機能ついてないんだっけ。覚えてないけど。



そんなわけで、exFATでフォーマットしたHDDをAndroidに接続するときは気をつけてください。

IT関連の関連記事

Posted on 2012/08/02 Thu. 13:30 [edit]

category: IT関連

tag: Android  Mac  Windows 

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form