スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

Comment: --

--

Chromebook 上の Linux が起動しなくなったときの対処法

Chromebook Acer C720 にインストールしていた Linux (Gallium OS) が
起動できなくなることがときどきありました。

ChromeOS のアップデート等で Linuxの領域が消されたのかといままでは勝手に想像していたのですが、今回いまさらながら原因と解決策がわかったので、備忘録として残しておきます。

前提

Chromebook にデュアルブートで Linux をインストールしている。

以下のように chrx を使ってインストールしています。
OSは僕の場合 GalliumOS を使っていますが、 Ubuntu でもなんでも同じはずです。 Chromebook に Linux をインストールする

インストール方法自体は上記以外にも方法があると思います。
正常にインストールされていれば、起動後の画面で Ctrl+L を押すことで Linux が起動します(レガシーブート)。

症状

起動後の画面で Ctrl+L を押してレガシーブートで Linux を起動しようとすると、ビープ音が鳴るだけで起動できない。
Ctrl+D で ChromeOS は起動できる。

言い換えれば、レガシーブートができなくなってしまったという状況です。

原因

Chromebookがバッテリー切れを起こすと発症するようです。
このときレガシーブートのフラグが0になるようで、これは仕様らしい。

ChromeOS のアップデート等で Linuxの領域が消されたのかといままでは勝手に想像していたのですが、これは間違いでした。

対処法

バッテリー切れによって0になったフラグを再び立ててやるだけ。
Linux の再インストールは不要です。

まず Ctrl+D で ChromeOS を起動。
ログイン画面で、 Ctrl+Alt+「→(F2)」を押してシェル画面(tty2)に移動します(Chromebook に Linux をインストールすると同様)。
chronos でログインし、以下を実行。

sudo crossystem dev_boot_legacy=1

あとは再起動すればOK。
Ctrl+L で起動できるようになっているはずです。

ただしバッテリーが尽きるたびにフラグが0に戻るので、その都度上記を実行してやる必要があります。

※場合によっては Linux の領域自体が消去されていることもあるかもしれません(未確認)。その場合は諦めて再インストールが必要です。

おまけ

ハードウェア書き込み保護ネジを物理的にはずして、ゴニョゴニョしてやればバッテリが切れても大丈夫なようです。
さすがにちょっと怖いのでやめておきました。

参考URL

Restoring Legacy Boot (Linux Boot) on a Chromebook
Acer C720 & C720P & C740 Chromebook - The Chromium Projects
ChromeBookへのLinuxインストール(準備編)
Acer C720 Chromebook - ArchWiki

IT関連の関連記事

Posted on 2017/02/09 Thu. 23:49 [edit]

category: IT関連

thread: Linux  -  janre: コンピュータ

tag: chromebook   

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。