就活が終わりました

こんにちは。最近更新してませんでしたね。


3月ごろから、いわゆる就活をしていました。
ようやくこの前、行きたかったところから内々定をいただき、就活が無事に終わりました。
この機会に軽く振り返ってみます。


就活といっても片手で数えられるくらいしか受けてないし、業界的にもスーツで面接受けなくてもいいような雰囲気のところが多かったので、多分一般的に"就活"と言われるような大変さ(?)はなかったような気もします。

とはいえ、やっぱり気持ち的には大変でした。
特に始まったばかりの3月はまだ内定もなかったので、どこにも行けなかったらどうしようという漠然とした不安がありました。


そんな中、研究室の先輩や学部卒業してすでに働いている友人からいろいろアドバイスやら意見やら聞けたのは、お世辞でも何でもなく支えになりました。
それは選考対策みたいなテクニック的なことにかぎらず、心構え的な精神面でも。


面接自体は、昔高校受験の推薦で落ちたこともあり、若干苦手意識はありました。
が、実際に選考が始まって面接を受けてみると、これが案外面白くて。
研究内容に興味持ってくれたり、現場のエンジニアの方の話とかを直接きけたりする機会もいままであまりなかったので。
もちろん、受けてる当時は面白いと思いつつも来年からの就職先がかかってるわけで、決して心の余裕があったわけではないですが笑


あと、良い意味でマイペースに、正直に選考に臨んだのが良かったのかなと思います。
面接では他社の選考状況を聞かれることも多いのですが、正直に今受けている企業が第一志望ではないということを伝えました。
それでもきちんとどの企業からも内定をいただけたので、しっかりその他の部分で評価してもらえたんだな〜と思うと嬉しいですね。
もちろんその理由とかはしっかり話せないと、納得してもらえないと思いますが。

あと、この記事自体もそうですけど、周囲の情報を鵜呑みにしないことは本当に大事だなと思いました。さっきマイペースって書いたのはそういう意味も含んでいます。
結局のところ人が人を見るわけで、そこに絶対の基準なんてないし、周囲の情報は参考にしつつも最終的には自分のことを相手に伝えるだけなんだと思います。


そんなこんなで、第一志望の企業から内々定いただけたのは本当に嬉しかったです。選考時期もほかと比べて遅かったので、気持ち的にもなおさら。


偉そうに書きましたが、今振り返ってこうだったな〜と思うことを書いたっていうだけです。
それと、受験でも何でもそうですが、内定が決してゴールではないというのは肝に命じておかなくてはと。
実際入社して働いてみたら、そのとき初めてわかったり、思ってたのと違うぞって思ったりするのはいくらでもあると思います。
実際は、そのときはそのときでまたどうするか考えよう、くらいにしか思ってないんですけど笑


さて来年からはおそらく東京を離れてひとり暮らしすることになります。
なんだかんだで東京が一番長く住んでいるので、寂しくなりますね。
東京生活残り約9ヶ月、堪能しないといけません。
自炊できる気がしないので、飯に関しては不安しかないw

詳しくは書きませんが、来年以降はプログラム書いたりネットワーク周りの仕事したりしてるんじゃないかなと。

Posted on 2016/06/19 Sun. 12:18 [edit]

category: 雑記

19